◆売却成功までの5つのステップ 

STEP5 契約を結び住まいを引き渡そう

買い手が決まったら、
売却活動の総仕上げに取りかかりましょう。
売買契約を交わして代金を受け取り、
残りの住宅ローンを精算すれば完了です。

媒介契約を結び、決済をしよう! 

買い手が決まり、売主としてはホッとひと息つきたいところですが、
本当にひと息つけるのはもう少し先。ここからは各種手続きをこなしていくことになります。

買い手のローンの事前申請が通ったら、次は具体的な契約へ。
売主と買主の両者立ち会いのもと、現地での物件確認を済ませたら、
今度は登記申請書類の作成と代金の受領となります。
受け取った代金で残っていた住宅ローンの返済しましょう。
このとき、抵当権を抹消する登記を行うことも忘れずに。

また、住み替えをする場合は、前述の手続きを進めつつ、
買い替え先の住宅ローンを新たに組んだり、登記を済ませて新居への引越しの準備に取りかかりましょう。

契約や登記に必要な書類、諸費用などについては、
普通、不動産会社の担当者が一覧表を用意してくれるので、それに沿って準備、手続きを進めます。
なお、税金に関しては、原則、自分で手続きすることになります。

売却にかかわる税金については、たとえば3000万円特別控除や買い換え特例など、
ケースによっていろいろな税制がありますので、あらかじめ税理士に相談し、準備しておくことをオススメします。

引渡しと引っ越しの準備をはじめよう

無事、売買契約を交わしたら、最後の総仕上げ、引き渡しと引越しです。
原則、売却代金を受け取り、売買契約が成立した時点で、鍵を渡すことになります。
とはいえ、買い替えの場合、代金の受け取りと同時に住まいの引き渡しをするのは困難なのが現実。
資金に余裕があれば、先に新居の住宅ローンを組み、引っ越してから引き渡す、ということもできますが、
たいていの場合、売却代金を受け取ってからでないと、新しい住まいの契約手続きがしづらいのが現状だからです。
その対策としては、契約書に「引き渡し猶予」をつけるのが一般的です。

代金は受け取りつつ、引越しまでの数日間、引き渡しを待ってもらうわけです。
ほかにも短期間の「つなぎ融資」を受けて新居に移る、いったん賃貸に「仮住まい」するなどのパターンがあります。
こうした最後の詰めも、やはり不動産会社の担当者と相談して進めるのが安心といえるでしょう。

賢く住まいを売るためには、最適の不動産パートナーを選ぶことが大切です。

九大学研不動産は、お客様お一人お一人に合った、最適なご売却プランをご提案いたします。

お電話はフリーダイヤル 
TEL: 0800-603-5848  (HPを見たと、お伝え頂ければスムーズ)

オンライン査定は  こちらから。

ご依頼、お待ちしております。 


  • お客様の声

    接客コメント掲載中

  • 九大学研不動産の売却実績はこちらをクリック!

    「九大学研不動産」の売却実績はこちらをクリック!

  • 九大学研不動産のスタッフ紹介

    「九大学研不動産」のスタッフ紹介ページです!

  • 画像リンク

    ★★ スタッフブログです ★★